三菱apricot NOTE AL(M3455-A1C0・5233M-32TX)メモ



このページは不定記からの抜粋に訂正と少々の写真を加えたものです。
向こうの記述には勘違い等がありますので、こちらの方を参考にして下さい。
更に間違い等ありましたら技術系掲示板に御指摘下さい。
正直、私は此処に書いてある事以上の質問に答えられるとは思えません。調べて判った事は全て書いておきます。
そして、この記述を読んで何かされる場合には自己責任でお願いします。鴉十一は一切の責任を取りません。

2003年 5月22日 (木).......Apricot NOTE ALに、MMX PentiumIIは刺さりません を文末に追記

■…2003年 1月 5日 (日).......新ノート



モデル名  M3455-A1C0
型番    5233M-32TX
製品コード ACN-55-A1C0


秋葉原にてapricotNote AL(M3455-A1C0)を買う。お値段2万6千円位。ジャンクでは無く保障が付いてきた。
仕様:http://www2.mdit.co.jp/service/apricot/ac_prod/apal3xs.htm
この手の記載はいつ無くなるか判らないので、見にくいと思いますがテキストだけコピーしておきます。
apricotNote AL(M3455-A1C0・5233M-32TX)仕様
さて、参考となる先人の方ですが、裏菱電機さんによるばらし方http://www.h5.dion.ne.jp/~urabishi/を見つけました。
(但し、筐体は同じバラし方ですが、内部の構造は違いました。CPU設定ジャンパも違います。どうやら最後の5233M-32TXというのが違いの原因の模様)
それにしても情報少ないねぇApricotは。今回はFDDユニットがあった為、PCカードドライバをDOSで動かし、CD-ROMからWindows98を導入。今までのHDD抜き出しを考えたらすごく楽。でも色々必須ソフト入れてたら時間が掛かってしまった。特に大きな問題も無く(赤外線通信が使えない程度)非常に素直なマシンとの印象を持った。
筐体は見た目頑丈に感じる。大きい。重い。でもまぁ移動時には車に乗せるし、がっちりとしていて母機として使うのには、USBx2,PCカードx2,シリアル、パラレル付きは頼もしい。なにより大画面13.3インチはちょっと明るめではあるが美しい。メモリが少ない(48MB)のでこれは増やすかな。バッテリが一応生きてるのは非常に良かった。
(電源は純正では無いのかも知れない。非三菱製だった) 初めから233MHzなのでオーバークロックなどのいじくる楽しみは無いけど、こういう素直なマシンがあるのもいい。これで他のが安心してばらせる(笑。
(1/10に233MHz→266MHzへの可能性。但し私はやっていない)

■…2003年 1月 7日 (火).......メモ:apricotALグラフィックチップドライバ


うちのALはちょっと明るめなのだが、マニュアルに書いてある[FN]+[↓]で輝度が暗くならない。よって、ドライバを探す。
今CHIPS社はIntelに買収済みだったりする。
CHIPS Graphics Controllers
655555のWindows98ドライバ。これのガンマ補正機能によって、仮の輝度調節を効かせる事ができた。但し、ディスプレイの解像度は1024x768まで。これはWin98が持っているドライバより低い。仮想ディスプレイ機能が効かない事になるか。。。液晶のドライバをラップトップ(1024x768)にしてあるのが融通の利かない原因か。
http://downloadfinder2.intel.com/scripts-df/filter_results.asp?strOSs=17&strTypes=PLU%2CDRV%2CUTL&ProductID=78&OSFullName=Windows*+98&submit=Go%21
取りあえず1の方を試したが、2の方はファイルサイズが大きい。注釈が無いので謎。
http://www.asiliant.com/driver.htm
あ、こっちの方がいいかも。しかし更に会社が違う。謎が深い。今度試そう。
(結局これは試して無い)
PCIset/430TX PCIset マザーボード関連・使えるのあるかな
http://developer.intel.com/design/chipsets/mature/430tx/index.htm
まだ、試していない。
(訂正:何故か430HXのリンクのみにしてあった)

■…2003年 1月 8日 (水).......メモ:apricot AL メモリを気合で増設


本来合計で144MBまでの筈だが、I/O DATA SDIM133-128MY(128MB)を近所のコジマで144pin3.3VのSO-DIMMというだけで勢いだけで購入(対応表には無く、保障外なので自己責任においてです)。
第2スロットに挿入したら取りあえず動き、これでメモリは176MB(ボード上16MB+第1スロットに32MB+128MB)。この時代のものとしてはかなり良い感じになりました。
しゃれでMUNEO-HOUSEのUSODAYO-PVなんかを動かしたら結構普通に見れた。MMX Pentium 233MHz(Mobile)侮りがたし。
ふと思えば233MHzなんだから266MHzにジャンパ設定だけでUPできそうな感じがして調べるが、あの当時のCPUの混迷状況に付いていけず断念。IntelのSetupINFの導入を行った位で落ち着いてしまった。
赤外線ドライバはBIOSで切ってただけなので、設定を直したらドライバをきちんと読んだ。これで不明デバイスはあと一つ(TV出力か?)。下の65555の件、やはりディスプレイ設定で制限が加わっていたのでプラグアンドプレイモニター(長げぇ)にしたら、仕様以上の仮想画面(1600x1200,256色)が使える模様だ。
他の色数の場合は仕様と同じ。個人的には仮想画面は混乱するので使いませんが。
いずれAL関係は、纏めるつもりではあります。メモリ32MB→64MBには可能か?今後の課題。


■…2003年 1月 9日 (木).......メモ:apricot AL


調子に乗って、今度は秋葉原で素性の怪しいS.O.-DRAM PC133 CL3 64MBを1,500で買ってきてスロット1の32MBと差し替える。
電源入れたら何事も無く動いた。何でも通すのかALは(笑。純正品や純正互換品の値段はベラボウな値段ので今のメモリが使えるのはホント助かる。
どこぞの掲示板でスロット1は64MBまでという情報があったので128MBは挿す予定は無い(気が向けばやってみるけど)。
(多分「改造天国。 パソコン大好き。」http://members.tripod.co.jp/naitoys/こちらの掲示板の何処かだったと思います)
(128MBはやはり第一スロットでは認識しませんでした)
そういえば下の128MB、5,500円だったんだけど、メーカ品としてはまぁまぁの値段だったのかな?倍くらい違うの覚悟で買ったんだけど。
しかしこれで208MB。OS(Win98)的に意味のある行為とも思えない。こうなるとHDDの遅さが気になるところ。なんか安いのあったら差し替えてみよう。

■…2003年 1月 9日 (木).......メモ:Apricot AL CPUは何ぞや


この本体の製造時期1998年5月位の模様。
   WCPUIDによると
Processor #1 : Intel Mobile Pentium-MMX / BD474901
Platform : Mobile Module
Vendor String : GenuineIntel
CPU Type : Original OEM Processor (0)
Family : 5 (-)
Model : 8 (-)
Stepping ID : 1 (-)
Brand : ----
APIC : ----
Name String : ----

Internal Clock : 233.28 MHz
System Bus : ----
System Clock : ----
Multiplier : ----

L1 I-Cache : 16K Byte
L1 D-Cache : 16K Byte
L1 T-Cache : ----
L1 Cache : ----
L2 Cache : ----
L2 Speed : ----

となっているので、下記の資料によれば(Tillamook)か(P55C)っぽい。(下の1/10に解決記事)
一番いいのはCPUの顔を拝むことだが、放熱アルミ板の外し方(ネジが裏から入っているのか?テープにしては強力だが?)が判らず取りあえず断念。

私的Intel CPU概説
http://www.dj.st44.arena.ne.jp/xwin2/mainhtml/intelcpu/xwin2_intelcpu.html

ん! 海外ではAL700/720ということか???形状・仕様共に似すぎ。
http://www.osemidlands.co.uk/support/insight/insight/en/products/notebook/al700/al7-main.htm
日本で言うAL700とは違います。これは英国三菱のサポートサイト。
となると、下記にあるドライバが使えるかも知れない(Win95用。未確認)
http://www.osemidlands.co.uk/support/downloads/apricot/area2/index.asp
(リンク先変更)
AL700の構成パーツ表がある。参考になるかな?
http://www.osemidlands.co.uk/spares/SP_CAT.pdf

http://www.gate.co.uk/specialoffers/al700offer.html
そして、此処のサイトの煽り文句によれば、(リンクに失敗している、もう無い?)
Intel Mobile Processing with MMX

The Intel 233MHz Mobile Pentium ョ Processor with MMX ・technology is the latest in mobile processing power. This new generation of processors is the first built on Intel's new 0.25 micron process and consumes up to 50 percent less power than the previous models, delivering longer battery life.

となっているので、Mobile Pentium MMX 233(Tillamook)と決定してよいのかな?国内向けは又違うかも知れない。Family/Model/SteppingIDで調べれば判りそうなのだが。とにかくバラせなければ話になりませんね。

http://vaioethics.onohara.to/ocdb/505/pcg-505r.html
Family/Model/SteppingIDが同じCPUを載せてるVAIOの例では、233MHz→266MHzに成功しているなぁ。
いずれにせよウチのALの場合、CPUのクロックアップなんかよりHDDを換装した方が体感は早くなると思われ。でもそれは又別のお話(笑。



■…2003年 1月10日 (金).......メモ;apricot AL のCPU。解決編


http://www5b.biglobe.ne.jp/~oh_lavie/cpu/cpu_1.htm
こちらの写真を見ていると、分解し切れなかったが基盤形状がMMC-1臭い。
いずれにせよ、コードは見えないので、意を決して再びバラしに掛かる。
あれ、今度は放熱板がネジ外して、クニクニって水平に動かしてたらとれたぞ。どうやら電源OFFして間が無かった為、シリコンオイルが柔らかくなっていた模様。さてさて見えました。やっぱりMMC-1の様だね。裏側にPMから始まるコードがあった。
MMC-1のProduct Tracking Code
http://www.intel.com/design/quality/imm/hints.htm
これを見ると、PMC23305001AAの意味は明白になりました。
The product tracking code consists of 13 characters as identified in the following example:AABCCCDDEEEFF

Meaning:
AA - PM = Processor Module
B - C = PentiumR Processor with MMX? Technology using the 0.25 micron manufacturing process
CCC - Speed Identity (166, 266, 233, 200, etc.)
DD - Cache Size (00 - Zero, 02 - 256, 05 - 512, etc.)
EEE - Design Revision (Notifiable) (Start at 001)
FF - Processor Revision (Notifiable) (Start at AA)

MMX Pentium 233MHz(0.25process) 233MHz 512Kキャッシュと確定。
このタイプは300MHzまであった筈だが、取りあえず266MHzまではいけそうな気がする。これで面白くなるかもしれない。ただ、ヤフオクなんか見ているとMMC-1は結構しますな。PentiumIIとかへの換装は430TX→440BXへのチップセットの交換も意味するので難しいとの話。NECのノートなんかはDIP設定で可能なようだが。このALシリーズの上位機種はPentiumII266MHz-440BXだったので全く可能性が無いわけではなさそうだ。いずれにせよヘタレな私にはいきなりチップ抵抗を外す勇気は無い。なんか0Ωって訳でもなさそうだし。

んー、偉大な先人は簡単に見つかったなぁ。さすがにチップ抵抗が小さいのでウチにある半田コテでは対応できない。ちょっと考えよう。
http://monkung.hp.infoseek.co.jp/tp380xd/tp380xd.htm
http://beerfun.hp.infoseek.co.jp/public/mebi0002-001.html
世の中には凄いサービスもあるのだねぇ。但しALの例は無いようだ。
http://www.maxuscomputer.com/note008.html
(未だCPUはいじっておりません)

それにしてもファンが無かったのには少し驚いた。
纏めるときには写真もUPしなければ。
(という訳で少し写真を載せておきます、後日参考の為クリックすると1MB近くの写真が出るので注意!)
キーボードを取ったところ
このデカイ放熱板に難儀した
放熱板を取った後
MMC-1でした。
MMC-1を取り払った後(画像は90度横倒し)

■…2003年 1月16日 (木).......メモ:ApricotAL Intel Data sheet 関連


MMC-1関連となると、こんな感じだな。やっぱり最後はFTP。
資料比較してる暇はなし。

IntelR PentiumR II Processor Mobile Module: Mobile Module Connector 1 (MMC-1)
ftp://download.intel.com/design/mobile/datashts/243667.htm

Celeron(TM) Processor Mobile Module: Mobile Module Connector 1 (MMC-1) at 400 MHz, 366 MHz, 333 MHz, and 300 MHz Datasheet
ftp://download.intel.com/design/mobile/datashts/245426.htm

Intel Pentium(R) Processor with MMX(TM) Technology Mobile Module
ftp://download.intel.com/design/mobile/datashts/243328.htm

IntelR Celeron? Processor Mobile Module: Mobile Module Connector 1 (MMC-1) at 466 MHz and 433 MHz
ftp://download.intel.com/design/mobile/datashts/245101.htm

ぐちゃぐちゃ言ってないで買ってきた方が早いと思われ。
(相変わらず現物入手していません)

■…2003年 3月18日 (火).......メモ:ApricotAL のWindows95対応ドライバ


昔、ある仕事で作ったファイルが現在のHDDに無いことが発覚。大捜索をおこなった結果、放置してあった2.5inchのHDにありそうな気がしたので、手近にあったALのHDユニットを付け替えた。ディスク構造は生きていたが、Windows95が死んでいたので再インストール。マウスとPCカードとサウンドが使えなくなった。よって以前調べた下記のサイトに行ってみる。

File Area 2- Apricot Machine Specific Drivers
http://www.osemidlands.co.uk/support/downloads/apricot/area2/index.asp
此処の- Apricot AL700 Notebook Files - にあるドライバは、日本版AL(M3455-A1C0)で無事使えました。マウスのドライバとか、ちゃんと日本語対応してますな。
使うべきファイルも無事生きて発見できたので助かった。

■…2003年 5月22日 (木).......Apricot NOTE ALに、MMX PentiumIIは刺さりません


買って試した私が言うのだから間違い無い。
ということで、その経緯。
聖地・若松通商にモバイルPen2/233(MMC-1)が入荷していた。出遅れなければ266MHzもあった様だ。仕様的にはほぼ水平移動だが、嬉々として買ってきて換装試験。んー、電源は無事入るが、どうやらBIOSに蹴られている模様。警告音が3回鳴って沈黙した。電源ボタンは効いたので停止。挿しミスかと思い、もう一度やり直してみたが、結果は同じ。これでPen2への夢は絶たれた。セレロンではどうなのだろう?確かPen2の2次キャッシュ無しだったと思うからこれも駄目っぽい。 さて、Apricotのページも書き足さなくては。
あ、ちなみに試したPen2のコードはPMD23305002ABでした。


今の所此処までです。。。